製品 > 高速PCBプロトタイピング > プリント基板加工機ProtoMatシリーズラインナップ > ProtoMat S104

Menu
LPKF ProtoMat S104

LPKF ProtoMat S104

Specialist for HF and Microwave Applications

現在のページ: 製品 > 高速PCBプロトタイピング > プリント基板加工機ProtoMatシリーズラインナップ > ProtoMat S104
  • フルオートマチックオペレーションを実現した最高クラスの基板加工機
  • 最高100,000回転スピンドルモータ搭載
  • 20本までの自動ツール交換
  • カメラによるアライメントマーク認識と加工幅制御
  • フラットなバキュームテーブル
  • 使いやすさを追求したシステム
  • グラナイトベースを使用した最高加工品質保持

LPKF ProtoMat S104はPCB試作に必要なすべての機能を兼ね備えている最高クラスの基板加工機です。ハイパフォーマンスなスピンドルとバキュームテーブルにより、RFアプリケーションや薄いラミネート材質、繊細な材料の加工にも適しています。(FR4 18/18 Cu上の100 μm程度のパターンが加工可能です。アップデートされたソフトウェアはRF材料への特別な加工についても考慮されて設計されています。

高速かつ精密

ProtoMat S104は100,000回転のスピンドルモータ、0.5 μmの分解能により、最短時間で高品質な基板を加工出来ます。安定したグラナイト(花崗岩)ベースの筐体により高精度なドリルや配線パターン加工にも最適です。セルフクリーニング機構を持った高速スピンドルモータとミリング高さセンサによってメンテナンスの手間を省きました。

全自動

操作自動化によりProtoMat S104はさらに使いやすく進化しました。センサによって材料と銅の厚みが自動的に測定され必要なミリング深さを計測してくれます。20本までの自動ツール交換により少量基板生産にも対応します。先端角があるミリングツールは高さ設定により加工幅が変化しますが、自動切削幅調整機能によりミリング幅は常に一定になります。こういった機能によりわずらわしい設定時間が短縮できます。

必要に応じてディスペンサ機能により自動的に半田ペーストをパッドに塗布できます。追加のデータ加工は必要ありません。全自動化により加工時間を短くすることができました。

2.5D

2.5D加工により銘板や筐体加工、PCB基板のポケット加工が可能です。実装基板やプラスチック切断、またアルミ筐体や、銘板加工も思いのままです。

直感的なソフトウェア

ProtoMatに付属するソフトウェアは非常にフレキシブルで、簡単に操作できます。ソフトウェアはRFアプリケーションの要求を満たすよう設計されています。いろいろな材料に対してのパラメータライブラリにより加工ノウハウを気にすることなく簡単に基板作成ができます。
パンフレット


LPKF Group
Laser Laser & Electronics AG
LPKF WeldingQuipment
LPKF SolarQuipment
LaserMicronics

LPKF Distributors
LPKF Distributors Worldwide
English
Deutsch
中文
한국어
LinkedIn 
Facebook 
Twitter 
YouTube 
<