製品 > ソーラー設備

Menu
Solar Cell Technology

ソーラー設備

薄膜ソーラー・モジュールの成形

現在のページ: 製品 > ソーラー設備
LPKF Laser & Electronics AGの子会社であるLPKF SolarQuipmentは、薄膜太陽電池のレーザー成形および機械成形用のシステムを提供しています。

出発物質は、透明導電酸化物(TCO)、テルル化カドミウム(CdTe)、ニセレン化銅インジウム(CIS)、アモルファス・シリコン(aSi)、微結晶シリコン(aSi/μSi)、モリブデン(Mo)などの金属です。

薄膜太陽電池の形成に関する詳細については、www.lpkf-solarquipment.jp をご覧ください。


各アプリケーションは、波長、平均レーザー出力、パルス周波数やその他の要因の観点から、異なったレーザー技術を必要とします。LPKFはお客様のアプリケーションに基づいてマシン、測位システム、レーザー技術、ソフトウェアのコンセプトを設計します。

Thin Film Solar Cell Laser Scribing - 薄膜太陽電池のレーザー成形

薄膜太陽電池セルの効率は、セルを単離するために使用される構造体の精度に関連しています。LPKF薄膜太陽電池スクライバーアレグロとプレストでセルをスクライビングする事で、最高精度と最高効率の結果が得られます。LPKFシステムを使用する事により、薄膜太陽電池の効率を3%以上増加することができます。LPKF社の製品ポートフォリオの範囲はプロトタイピングとR&Dの為の装置から大量生産プロセスまでです。最大3つの異なるレーザー波長がこれらのシステムで使用されています。太陽電池の生産は、費用効率が良く、最高の精度と最高のパフォーマンスが組み合わさっている事が必要です。LPKFのソーラースクライバーは世界中で導入されています。

LPKF Presto
太陽電池生産の為の薄膜技術は、価格、効率面で更に改善を進める必要が有ります。既存の、又新しい回路基板モジュールの効率改善の為の研究・開発は、R&Dに於けるフレキシブルなレーザー・スクライビングが要求されます。これらのツールは将来の量産化への基礎となり、良い結果をもたらすものと思われます。
LPKF PRESTOはその要望にお応えします。量産化用のシステムであるAllegroの可能性を備えつつ、加工範囲はR&Dの回路基板サイズに最適な、小さな作動サイズとなっております。太陽電池の最適効率を得る為のフレキシブルな加工評価を可能にします。


LPKF Allegro
薄膜太陽電池モジュールの量産化に向け、LPKFは、レーザー技術、ならびにレーザースクライビングプロセスの最適化を行いました。数か所でレーザービームが並行して回路基板に照射されることにより、スクライビング加工の処理能力を高めます。特殊なインライン・ダイナミックパストラッキングとダイナミックフォーカストラッキングは、太陽電池モジュールの効率を高めます。
LPKFアレグロは、薄膜太陽電池のスクライビング用として全世界で最も多く販売されたレーザシステムです。これまでに既に100台以上の販売実績を有し,LPKFはこのアプリケーションに関し、最先端の技術を提供致します。


パンフレット
ダウンロード(PDF)

パンフレット
ダウンロード(PDF)

詳細については


LPKF Laser & Electronics K.K.
Bernd Strauss
 
Lalaport Mitsui Bldg 4F 421
Hamacho, 2-1-1, Chiba Prefecture

 
Tel.:
+81 47 432-5100
Fax:
+81 47 432-5104
E-Mail:
問い合わせフォーム


LPKF Group Sites
LPKF WeldingQuipment
LPKF SolarQuipment
LaserMicronics
ZelFlex Stretching Frames

LPKF Distributors
Europe
America
Asia
Africa
Australia
English
Deutsch
Español
Français
Русский
Slovenščina
中文
LinkedIn 
Facebook 
Twitter 
YouTube 
<