製品 > レーザー樹脂溶着装置 > レーザー樹脂溶着装置(プロセスモニタリング) > 温度モニタリング

Menu
現在のページ: 製品 > レーザー樹脂溶着装置 > レーザー樹脂溶着装置(プロセスモニタリング) > 温度モニタリング

温度モニタリング

レーザー溶着プロセスでの高温計(パイロメータ)モニタリング


温度モニタリングは制御プロセスと連動しており、記録された温度データにより自動的にレーザー出力が調整されます。この利点の一つは、溶着プロセス進行中に材料の欠陥を見つけることです。

 高温計(パイロメータ)は赤外放射を計測し、自動的に溶着線のクオリティを評価します。温度曲線があらかじめ設定された上限と下限(エンベロープ)の範囲内であれば、溶着は成功と認識されます。

溶着部周辺の焦げや傷といった表面上の凹凸は、検出されうる異常を引き起こす可能性があるので解消されなければいけません。高温計のシグナルは材料の変動や溶着線周りの汚れを検出することにも使われます。
詳細については
LPKF Laser & Electronics株式会社
代表取締役 ベルンド・ ストラウス
 
〒273-0012
千葉県船橋市浜町2丁目1-1
ららぽーと三井ビル4階 421号室
 
Tel.:
047-432-5100
Fax:
047-432-5104
E-Mail:
問い合わせフォーム


LPKF Group Sites
LPKF WeldingQuipment
LPKF SolarQuipment
LaserMicronics
ZelFlex Stretching Frames

LPKF Distributors
Europe
America
Asia
Africa
Australia
English
Deutsch
Español
Français
Русский
Slovenščina
中文
LinkedIn 
Facebook 
Twitter 
YouTube 
<