製品 > レーザー樹脂溶着装置 > レーザー樹脂溶着の使用用途

Menu
現在のページ: 製品 > レーザー樹脂溶着装置 > レーザー樹脂溶着の使用用途

レーザー樹脂溶着の使用用途

Laser Plastics Welding Process
※黒等の色付も対応可能です。
レーザー溶着とは、レーザーを使用し樹脂同士を溶着する工法です。この溶着技術を使用するメリットは接着剤不要、ダメージを与えない外観のいい溶着、母材強度同等の密着力、防水性の高いケーシング(IP規格・防水保護構造及び保護等級IP67相当)、レーザーパスの制御による精密溶着等が挙げられます。用途としては、美しい外観が求められる車載のテールランプ、ブレーキタンク、防水性能が要求されるセンサーや流体回路の筐体組立に世界中で広く使用されています。


また、既存のレーザー溶着では実現の難しかった、透明樹脂同士 (例:アクリル、COP、PP等)の溶着を接着剤無、樹脂添加剤無で実現し、クリーン度の求められるマイクロ流体回路の構築技術としてご使用頂けます。
アプリケーション:


車載関連

ABS Fluid Reservoir
ブレーキタンク
Mini Ignition Key
キーのエンブレム
Tail light
テールランプ
Tyco Clutch Sensor
クラッチセンサー



医療関連

CDA Transparent Wafer
マイクロ流体回路
Gambro Blood Filter
血液フィルター
Gamma Foil Dosiometer
線量計
Insule Omnipod
インシュリン・ポンプ



コンシューマー向け

Ink Jet Printer Cartrigde
インクカートリッジ
Aqua Technics Pool Light
プール用防水ライト




詳細については
LPKF Laser & Electronics株式会社
代表取締役 ベルンド・ ストラウス
 
〒273-0012
千葉県船橋市浜町2丁目1-1
ららぽーと三井ビル4階 421号室
 
Tel.:
047-432-5100
Fax:
047-432-5104
E-Mail:
問い合わせフォーム


LPKF Group Sites
LPKF WeldingQuipment
LPKF SolarQuipment
LaserMicronics
ZelFlex Stretching Frames

LPKF Distributors
Europe
America
Asia
Africa
Australia
English
Deutsch
Español
Français
Русский
Slovenščina
中文
LinkedIn 
Facebook 
Twitter 
YouTube 
<