製品 > レーザー樹脂溶着装置 > アプリケーション > 医療技術 > マイクロ流体回路について

Menu
現在のページ: 製品 > レーザー樹脂溶着装置 > アプリケーション > 医療技術 > マイクロ流体回路について

マイクロ流体回路について

マイクロ流体技術では小さな部品上に高精度で平行な接合ラインが要求されます。マイクロ流体と診断用装置においても、レーザー技術のみが達成できる精度が求められています。また、最優先な条件として異物や添加剤が流路に侵入してはなりません。

μm単位の溶着幅はファイバーレーザー、または LD励起のレーザーによって形成可能です。溶着線のデザイン制限をせず、強固に接合できます。

マイクロ流体におけるレーザープラスチック溶着のメリット
  • μm単位の接合ライン
  • 衛生的なエネルギー出力
  • 異物や添加物がない
  • トレーサビリティ&トラッキング
  • 最短加工時間
  • 新デザインのオプション


詳細については
LPKF Laser & Electronics株式会社
代表取締役 ベルンド・ ストラウス
 
〒273-0012
千葉県船橋市浜町2丁目1-1
ららぽーと三井ビル4階 421号室
 
Tel.:
047-432-5100
Fax:
047-432-5104
E-Mail:
問い合わせフォーム


LPKF Group Sites
LPKF WeldingQuipment
LPKF SolarQuipment
LaserMicronics
ZelFlex Stretching Frames

LPKF Distributors
Europe
America
Asia
Africa
Australia
English
Deutsch
Español
Français
Русский
Slovenščina
中文
LinkedIn 
Facebook 
Twitter 
YouTube 
<