製品 > レーザー樹脂溶着装置 > アプリケーション > 自動車産業

Menu
Automotive

自動車産業

現在のページ: 製品 > レーザー樹脂溶着装置 > アプリケーション > 自動車産業

自動車産業界でのレーザープラスチック溶着


レーザープラスチック溶着は自動車産業界において高品質な製品、信頼性のある生産、そして経済的な製造を可能とします。

自動車向けのセンサー
LPKFレーザー溶着であれば、センサーのような敏感な電子部品でもセンサー筐体を確実にかつ低予算で溶着することができます。溶着品質は溶着プロセスの際に記録されます。

電子ステアリングの制御デバイスにおいて、内部の部品はレーザー圧着により固定され、カバーは部品上にレーザー溶着されます。

例えば、ランバーサポートの調整バルブの強固な継目 は、LPKF二重クランプ治具(DCD)によってのみ実現できます。この部品は、外輪郭と内面に沿って均等にクランプされます。

レーザープラスチック溶着のメリット
  • トレサビリティー / MES (Manufacturing Execution System)
  • 最短加工時間、サイクルの低コスト化
  • ダストフリー
  • ストレスフリーエネルギー出力
  • 高外観品質
  • 高柔軟性






詳細については
LPKF Laser & Electronics株式会社
代表取締役 ベルンド・ ストラウス
 
〒273-0012
千葉県船橋市浜町2丁目1-1
ららぽーと三井ビル4階 421号室
 
Tel.:
047-432-5100
Fax:
047-432-5104
E-Mail:
問い合わせフォーム


LPKF Group Sites
LPKF WeldingQuipment
LPKF SolarQuipment
LaserMicronics
ZelFlex Stretching Frames

LPKF Distributors
Europe
America
Asia
Africa
Australia
English
Deutsch
Español
Français
Русский
Slovenščina
中文
LinkedIn 
Facebook 
Twitter 
YouTube 
<