製品 > LDS (Laser Direct Structuring) 装置 > アプリケーション > LDSプロトタイピング

Menu
現在のページ: 製品 > LDS (Laser Direct Structuring) 装置 > アプリケーション > LDSプロトタイピング

LDSプロトタイピング

MIDの設計、意思決定、実装の確認、生産の立ち上げなど、製品開発を促進するための試作段階がいくつかあります。



3Dモデル作成

3Dプリンタをはじめとする付加製造法の急激な進歩によりCADデータから簡単に部品を製造できるようになりました。光造形、レーザー焼結、FDM (Fuse Deposition Molding)など、設計データから筐体を積層造形する方法が使われています。

LDSペイント

LPKFはLDS添加剤を含んだ塗料、LPKF ProtoPaint LDSを開発しました。塗装、乾燥させた部品は従来のLDS部品と同様にLDSプロセスを使うことができます。


LPKF ProtoLaser 3Dでのレーザー加工

LPKF ProtoLaser 3Dは塗装された部品をすぐにレーザー加工してくれます。パイロットレーザーにより部品の位置決めが簡単に行えます。


めっき

最後のステップはLPKF ProtoPlateによるめっき工程です。少量の部品生産やレーザーパラメータの最適化に使用できます。無電解銅めっき浴によって銅膜が形成されます。必要であればこの後、ニッケル、金めっきをすることも可能です。(LPKF ProtoPlateは銅めっきのみ加工可能です。)


Related Systems


LPKF Group Sites
LPKF WeldingQuipment
LPKF SolarQuipment
LaserMicronics
ZelFlex Stretching Frames

LPKF Distributors
Europe
America
Asia
Africa
Australia
English
Deutsch
Español
Français
Русский
Slovenščina
中文
LinkedIn 
Facebook 
Twitter 
YouTube 
<