製品 > LDS (Laser Direct Structuring) 装置 > アプリケーション > 設計ガイドライン > 入射角

Menu
現在のページ: 製品 > LDS (Laser Direct Structuring) 装置 > アプリケーション > 設計ガイドライン > 入射角

入射角

レーザーの最大入射角をこえる加工は別の方法を考える必要あり
樹脂表面はレーザービームによって活性化されます。確実に活性化するためには、レーザー照射の最大入射角を超えてはなりません。

入射角とは、活性化された樹脂表面とレーザービームが交わる角度です。70°を超える入射角が必要な場合は、レーザー処理工程中に部品を回転させることで角度を低減できます。また、この方法は90°で区切られた面上の配線パターンを加工するためにも使用できます。
詳細については
LPKF Laser & Electronics株式会社
代表取締役 ベルンド・ ストラウス
 
〒273-0012
千葉県船橋市浜町2丁目1-1
ららぽーと三井ビル4階 421号室
 
Tel.:
047-432-5100
Fax:
047-432-5104
E-Mail:
問い合わせフォーム

詳細については


LPKF Laser & Electronics K.K.
Bernd Strauss
 
Lalaport Mitsui Bldg 4F 421
Hamacho, 2-1-1, Chiba Prefecture

 
Tel.:
+81 47 432-5100
Fax:
+81 47 432-5104
E-Mail:
問い合わせフォーム


LPKF Group Sites
LPKF WeldingQuipment
LPKF SolarQuipment
LaserMicronics
ZelFlex Stretching Frames

LPKF Distributors
Europe
America
Asia
Africa
Australia
English
Deutsch
Español
Français
Русский
Slovenščina
中文
LinkedIn 
Facebook 
Twitter 
YouTube 
<